結婚式のスタイルを決めるには、式場に下見へ行く事が重要です

ブライダルフェアに参加してみましょう

結婚式を挙げるためには、複数の結婚式場の下見をしておく事が重要であり、各会場が定期的に実施しているブライダルフェアを活用するのが良いでしょう。ブライダルフェアは、式で出される来賓客向けフルコースを、格安または無料で食べられる事に加え、新婦に向けてのサービスとして、ウェディングドレスを試着できるフェアもあるので、本番当日のイメージ作りをする事が出来ます。フェアは、結婚情報サイト・結婚情報誌から見つける事が可能で、混雑状況が把握できるサイトもあって便利です。
ブライダルフェアに参加した場合の特典も準備されていて、大型遊園地のペアチケット・エステ券・食事券といったプレゼントがもらえる式場もあるので、行ってみましょう。

結婚式場決定から式当日までの流れ

フェアの中身に満足いった場合は、結婚相談会の場で式場利用契約を結んで、担当スタッフと日程調整を行います。式場によっては、数ヶ月前までに契約をしておくと、早期予約割引が適用されるケースもあってお得に利用出来ます。契約後は、結婚式場に足を運んで、席次表の確認・招待状の発送・結婚式内で使う映像や演出の準備などを実施します。なお、引き出物に関しては、参列者が自分で選べるギフトや、地域独自の風習もある事から、両家のご家族としっかり話し合っておく事が大切です。
式の司会や式の受付依頼は、基本的には新郎新婦が行っておくべき項目ですが、プロの司会に頼む場合は謝礼をやや高額にするのが良く、友人に依頼した場合でも2万円や3万円程度を包む事がマナーと言えます。なお、当日集まった祝儀に関しては、新郎新婦やその家族が管理するのが必須であり、忙しい場合であっても金銭管理する人を1人決めておきましょう。

京都の結婚式場なら、清水寺や金閣寺や二条城といったなどの歴史的な神社や建物での神前式の挙式がおすすめです。