結婚式の種類ごとのメリット・デメリットを知ろう

結婚式の特徴とメリット・デメリット

結婚式の形は多様化しており、それぞれメリット・デメリットがあります。宗教が関係している式が大半ですが、唯一関係していない式が人前式です。メリット・デメリットを理解して実施することが、式の成功につながるでしょう。
まず宗教が関係している式として神前式は、日本人ならではの和装での挙式が可能であるところが大きなメリットです。親族なども和風の結婚式に対して良い印象を持つ人が多く、人気があります。デメリットは、着付けに時間がかかること、着慣れていない場合不自由な思いをすることです。
仏前式の場合、同じく和のテイストを好む人に人気です。和装での挙式のよさだけでなく、家同士の結びつきを感じやすいところもメリットといえます。神前式と同様のデメリットに加え、マイナーなところもデメリットといえるでしょう。

結婚式のメリット・デメリットを知って好きな挙式を

日本で比較的ポピュラーな式といわれているのが、教会での挙式です。ウエディングドレスを着て挙式ができること、厳粛な雰囲気の中で挙式ができるのがメリットといえます。結婚式場にあるチャペルの場合には、信者でなくても問題なく結婚式が挙げられますが、通常の教会の場合、キリスト教の教義に従って挙式を求められる場合や、信者でなければ挙式できないという場合もあるため、注意してください。
宗教が一切かかわっていない人前式では、宗教にこだわらず、人前でオリジナルウエディングを行えるのが最大のメリットです。ただし、準備がとても大変なことと、会場探しが大変なことがデメリットといえます。
それぞれの特徴に従い、予算や双方の家の事情も考えて結婚式を挙げましょう。

鶴岡八幡宮で結婚式を行う場合、新郎新婦と媒酌人を除いて36名まで参列できます。ウェブサイトから仮予約の申込みが可能です。