結婚に必要な二つの指輪婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪の違いは?

結婚に関わる指輪として準備するべきといわれている婚約指輪と結婚指輪は、それぞれどのような特徴があり、何のために必要とされているのでしょうか。婚約指輪は婚約の証として男性から女性に贈られるものです。かつては結納の場で贈られることが多かったのですが、プロポーズの際の贈られることも多くなっています。特にルールがあるわけではありませんが、一般にダイヤモンドを中心とした石突きの指輪が選ばれます。華やかな指輪になるので、日常使いではなく、特別な時にのみ身に付けるという人が多いようです。

結婚指輪は結婚の記念として、新郎新婦が交換するものです。一般に挙式の中に指輪交換の儀式が組み込まれ、その場で贈り合う形をとります。結婚後普段の生活の中で身に付ける人が多いので、シンプルでつけ心地の良いものを選びます。

婚約指輪や結婚指輪は余裕を持って選びたい

結婚指輪や婚約指輪は既製品でも売られていますが、多くの場合、それぞれの指の合わせ、何らかな好みをいかしたセミオーダーで作ることが多いようです。もちろん、一からデザインして完全にオリジナルの世界で一つのものを作ることもできます。また、婚約指輪や結婚指輪は、イニシャルや記念日などを刻印して贈られます。簡単なメッセージや二人の気持ちを表す言葉などを入れることもできます。そのため、注文する際には、十分に余裕を持って、計画立てて準備する必要があります。価格の幅も広く、既製品だから安いということではありません。素材やデザイン、ブランドなどにより変わってくるので、その意味でも早めに計画を立て、いろいろ見比べて自分たちにあったものを探すようにしましょう。

婚約指輪はデパートやジュエリー専門店、アパレルショップなどで購入可能です。来店すれば試着して決めることも出来ます。